NEWS

お知らせ

インフルエンザが流行中です!

TIPS

 

2023.1.18

こんにちは!

広報担当Wadaです。

 

私が勤務する茨城県鹿嶋市の大船津薬局では、 年が明けてから新型コロナウイルスと胃腸炎が流行していましたが、1月中旬からインフルエンザの患者様も増えてきました。

昨年末からインフルエンザ流行の兆しがありましたが、年が明けてから急に増加したように感じます。 2023年1月13日付の厚生労働省の発表では46都道府県で流行している状態だそうです。

新型コロナウイルスが流行してからの3年間はほとんど罹患する方が少なかったため、 小さなお子さんは免疫が低い場合もあるので罹りやすくなっている可能性も考えられます。

 

インフルエンザウイルスに感染すると、

・急な発熱、38℃以上の高熱

・体の節々が痛くなる、だるさ

・悪寒、頭痛 ・全身症状が現れた後に咳やのどの痛み 等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。

 

他にも未成年者のお子さんの場合、

・突然立ち上がってどこかに行こうとする、窓から飛び降りようとする

・興奮した様子だったり、変なことを言う

・話しかけても返事をしない  等、普段とは違う行動をすることがあります。

お子さんがインフルエンザと診断された場合、発熱してから2日間以内にこれらの行動が現れることが多いので、 その期間は特に注意してお子さんの様子を見ていてあげてください。

この際はケガや事故防止のため、換気をしている時以外は窓や玄関の施錠を確認することも大切です。

 

また、本記事を投稿した現在、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に検査できる抗原キットも薬局で購入できるようになりました。 感染に対する備えとしてご自宅に備蓄をしておくこともおすすめです。

(市販の抗原キットを使用して陽性が出た場合は、必ずかかりつけの医師や発熱外来にご相談ください。)

冬の間を中心に、当面インフルエンザへの注意が必要な時期が続きます。 手洗い・うがいや屋内の加湿、十分な休息等の基本的な対策を行い、健康に冬を乗り切りましょう!

記事カテゴリー