NEWS

お知らせ

薬剤師さんに聞いた薬の服用時点のお話

お薬TIPS

 

2021.5.14

こんにちは、広報担当wadaです。

今回は薬剤師さんに聞いた「お薬の服用時点のお話」です。

飲み薬を貰ったときに「食後に飲んでください」「食事の前に飲んでください」と言われることがあると思います。

この「食後」と「食前」以外にも色々な飲み方があることはご存じでしょうか?

一般的に食後とは、ご飯を食べた後30分以内に服用することを言います。

食前はご飯を食べる30分前くらいを言います。

では「食間」とはいつ飲めばいいのでしょうか?

答えは「食事と食事の間、食前食後2時間くらい」を言います。

朝食が8時、昼食が12時の人ならば、その間の10時くらいに服用します。食事をしながらお薬を飲むことではないそうです。

なぜ、お薬によって服用するタイミングが決められているのでしょうか?

薬の効果が十分に発揮できるように決められています。 漢方薬は食前に飲むことが多いお薬です。これは漢方の香りもお薬の効果に関わると考えられているためです。 また、お薬によっては食事をしたしないによって服用のタイミングが変わってきます。 飲み忘れた場合に備えて、確認すると良いでしょう。

お薬の飲み方など気になる点があれば、薬剤師に相談してください。